生物物理化学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用するもの】

化学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 生物物理化学を学びたい
  • おすすめの教科書を知りたい

<この記事について>

京都大学工学部工業化学科卒の私が生物物理化学の教科書を紹介します。生物物理化学は薬学部や農学部で学ぶことが多いです。物理化学の知識を用いてタンパク質や酵素について学びます。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

化学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

生物物理化学のおすすめ教科書/参考書

生物物理化学は物理化学の中でも生物に焦点を当てた学問です。

京都大学では薬学部や農学部の学生が学んでいます。

物理化学の基礎知識があると理解が進みます。

特に熱力学や統計力学の知識を用いて、タンパク質の構造解析や酵素の速度反応論を論じたりします。

生物/物理/化学の知識が組み合わさった面白い学問分野です。

物理化学 (生命薬学テキストシリーズ) 

編集:豊, 桐野
¥4,400 (2022/09/02 09:40時点 | Amazon調べ)
編集:豊, 桐野
¥5,170 (2022/09/02 09:41時点 | Amazon調べ)

京都大学薬学部で使用する参考書です。

薬学部の学生が学ぶべき物理化学の知識が厳選されています。

上巻は物理化学の基礎内容なので、既に物理化学を学んだ事がある学生には不要でしょう。

下巻では生物の内容が入ってくるので、生物物理化学を学びたい学生におすすめです。

蛋白質機能の分子論

著:浜口 浩三
¥337 (2022/09/02 09:44時点 | Amazon調べ)

京都大学薬学部で使用する参考書です。

古い本で入手困難なので、読んだことありません。

たのしい物理化学

講談社サイエンティフィク
¥3,190 (2022/09/02 09:48時点 | Amazon調べ)

京都大学農学部で使用する教科書です。

生物物理化学というよりは普通の物理化学の教科書です。

とても分かりやすいので、物理化学を簡単に学びたい方におすすめです。

既に物理化学を学んだ方には不要でしょう。

最後に

生物を学ぶためには、物理化学の基礎知識が必要不可欠です。

生物を学ぶ学生は物理化学が苦手な方も多いですが、簡単でもいいので内容を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました