計測工学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

電気電子工学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 計測工学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

京大工学部卒で現在は大手電機メーカーで研究開発をしている私が計測工学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。計測は科学における基礎なので、しっかりと学んでおきたいです。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

電気電子工学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

計測工学のおすすめ教科書/参考書

計測工学では様々な物理量の検出、変換、記録の原理について学びます。

また計測を実現するためのセンサや電子回路についても学びます。

計測は科学における基礎なので、しっかりと学んでおきたいです。

前提知識として、微分方程式、ラプラス変換、力学、電磁気学などを学んでおきたいです。

はじめての計測工学

講談社サイエンティフィク
¥2,860 (2022/09/08 13:12時点 | Amazon調べ)

京都大学地球工学科で使用する参考書です。

計測工学について分かりやすく学べる良書です。

計測工学

著:亮輔, 鈴木, 著:秀俊, 小寺, 著:泰義, 横小路, 著:功, 田中, 著:主敬, 中部, 著:洋一, 冨井, 著:郁夫, 神野, 著:弘二, 簑島
¥2,530 (2022/09/08 13:13時点 | Amazon調べ)

京都大学物理工学科で使用する教科書です。

計測工学について詳しく学ぶことが出来ます。

電気電子計測の基礎―誤差から不確かさへ

京都大学電気電子工学科で使用する教科書です。

特に電気電子計測について詳しく学ぶことが出来ます。

最後に

計測工学については何か1冊で良いので本を読んでおきましょう。

この記事を最後までご覧下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました