分子生物学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

生物学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 分子生物学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が分子生物学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。分子生物学では生物を分子レベルで学びます。生物学を学ぶ上で避けては通れない内容なので、しっかりとマスターしましょう。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

生物学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

分子生物学のおすすめ教科書/参考書

分子生物学では生物を分子レベルで学びます。

生物学を学ぶ上で避けては通れない内容なので、しっかりとマスターしましょう。

細胞の分子生物学

著:ALBERTS, 著:JOHNSON, 著:LEWIS, 著:MORGAN, 著:RAFF, 著:ROBERTS, 著:WALTER, 翻訳:中村桂子, 翻訳:松原謙一, 翻訳:青山聖子, 翻訳:斉藤英裕, 翻訳:滋賀陽子, 翻訳:田口マミ子, 翻訳:滝田郁子, 翻訳:中塚公子, 翻訳:羽田裕子, 翻訳:船田晶子, 翻訳:宮下悦子
¥24,530 (2022/09/15 19:54時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

生物学を学ぶなら是非読んでおきたい本です。

著:Robert F. Weaver, 監訳:杉山弘, 監訳:井上丹, 監訳:森井孝, 翻訳:伊藤伸子, 翻訳:刈屋美枝子, 翻訳:桜井由美, 翻訳:林久美
¥1,517 (2022/09/15 19:55時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

分子生物学についてかなり詳しくかかれた名著です。

基礎ケミカルバイオロジー

著:弘, 杉山, 著:俊和, 板東
¥3,520 (2022/09/15 19:57時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

ここまでに紹介した本よりも気軽に読めます。

京大発! フロンティア生命科学

講談社サイエンティフィク
¥4,180 (2022/09/15 20:00時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する教科書です。

分量的に取り組みやすい本ですが、内容は高度なものも含みます。

入門者~上級者まで満足できる内容です。

理論生物学概論

著:望月 敦史
¥5,170 (2022/09/15 20:02時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する理論生物学の参考書です。

理論生物学では、生命現象を数学モデルで理解することを目指します。

ゲノム

翻訳:石川冬木, 翻訳:中山潤一
¥9,680 (2022/09/15 20:06時点 | Amazon調べ)

京都大学薬学部で使用する参考書です。

生物学において非常に重要なゲノムについて、分子生物学的な視点から学びます。

ワトソン遺伝子の分子生物学

東京電機大学出版局
¥11,550 (2022/09/15 20:07時点 | Amazon調べ)

京都大学農学部で使用する参考書です。

先に紹介した本が合わなければ、こちらもおすすめです。

基礎から学ぶ遺伝子工学

著:田村 隆明
¥3,740 (2022/09/15 20:10時点 | Amazon調べ)

京都大学農学部で使用する教科書です。

先に紹介した2冊よりも気軽に取り組めます。

これだけは知っておきたい図解分子生物学

京都大学農学部で使用する参考書です。

入門書として使えます。

エリオット生化学・分子生物学

著:Papachristodoulou,Despo, 著:Snape,Alison, 著:Elliott,William H., 著:Elliott,Daphne C., 翻訳:誠, 村上, 翻訳:俊太郎, 原, 翻訳:元直, 中村
¥6,820 (2022/09/15 20:12時点 | Amazon調べ)

京都大学農学部で使用する参考書です。

程よい分量で読みやすく、おすすめです。

ホートン 生化学

著:Moran,Laurence A., 著:Scrimgeour,K.Gray, 著:Perry,Marc D., 著:Horton,H.Robert, 翻訳:紘一, 鈴木, 翻訳:惇子, 宗川, 翻訳:献一, 笠井, 翻訳:吉汪, 宗川, 翻訳:康文, 榎森, 翻訳:博史, 川崎
¥7,480 (2022/09/15 20:13時点 | Amazon調べ)

京都大学農学部で使用する参考書です。

生化学の名著は沢山ありますが、この本もおすすめです。

因みに分子生物学と生化学の内容はかなり似ています(あまり違いが分かりません。。)。

最後に

分子生物学は非常に重要な分野なので、じっくりと学びましょう。

分厚い本格的な教科書にチャレンジしたいです。

タイトルとURLをコピーしました