自然人類学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

生物学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 自然人類学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が自然人類学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。自然人類学ではチンパンジーやゴリラなど、ヒト科の共通祖先からどのように現在の人類が進化してきたのかを解明する学問です。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

生物学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの
  1. 自然人類学のおすすめ教科書/参考書
    1. 若い読者のための第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来
    2. あなたはボノボ、それともチンパンジー?
    3. 「サル学」の系譜 – 人とチンパンジーの50年
    4. 人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ
    5. 人類進化論―霊長類学からの展開
    6. 霊長類学を学ぶ人のために
    7. “ふつう”のサルが語るヒトの起源と進化
    8. 日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性
    9. チンパンジー―ことばのない彼らが語ること
    10. 野生動物の行動観察法: 実践 日本の哺乳類学
    11. ヒトはどのようにしてつくられたか
    12. 新しい霊長類学―人を深く知るための100問100答
    13. ヒトはどのように進化してきたか
    14. 霊長類進化の科学
    15. ヒトは食べられて進化した
    16. 火の賜物―ヒトは料理で進化した
    17. 集団―人類社会の進化
    18. サバンナを駆けるサル―パタスモンキーの生態と社会
    19. 食べる速さの生態学―サルたちの採食戦略
    20. サルの食卓―採食生態学入門
    21. 日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究
    22. ワックスマン脳神経解剖学
    23. イラストレイテッドカラーテキスト 神経解剖学
    24. 臨床のための脳と神経の解剖学
    25. アフリカ地域研究と農村開発
    26. 西アフリカ・サヘルの砂漠化に挑む―ごみ活用による緑化と飢餓克服、紛争予防
    27. アフリカ農業の諸問題
    28. 争わないための生業実践―生業資源と人びとの関わり
    29. 生態学と社会科学の接点
    30. オセアニアで学ぶ人類学
  2. 最後に

自然人類学のおすすめ教科書/参考書

自然人類学ではチンパンジーやゴリラなど、ヒト科の共通祖先からどのように現在の人類が進化してきたのかを解明する学問です。

自然人類学に関連する分野には以下のようなものがあります。

  • 形質人類学
  • 分子人類学
  • 古人類学
  • 人種学
  • 人類生物学
  • 人体解剖学
  • 人間行動生態学
  • 進化人類学
  • 生態人類学

若い読者のための第三のチンパンジー: 人間という動物の進化と未来

著:ジャレド ダイアモンド, 著:レベッカ ステフォフ, 翻訳:秋山 勝
¥935 (2022/09/13 20:28時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する教科書です。

「なぜ人間は他の動物と大きく異なるのか?」

読み物としても面白く読める本です。

あなたはボノボ、それともチンパンジー?

著:古市剛史
¥1,440 (2022/09/13 20:30時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

先に紹介した本と同様に、読み物として楽しめます。

「サル学」の系譜 – 人とチンパンジーの50年

著:中村 美知夫
¥385 (2022/09/13 20:32時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

中古本しかありませんが読みやすい本です。

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

こちらも読み物として楽しめる本です。

人類進化論―霊長類学からの展開

著:山極 寿一
¥2,090 (2022/09/13 20:36時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

専門書のように詳しく書かれています。

霊長類学を学ぶ人のために

編集:利貞, 西田, 編集:重男, 上原
¥2,640 (2022/09/13 20:37時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

こちらも本格的な本です。

“ふつう”のサルが語るヒトの起源と進化

著:中川 尚史
¥2,530 (2022/09/13 20:40時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

この分野に興味があれば、色々と読んでみて下さい。

日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学」の可能性

著:中川尚史, 著:伊藤 毅, 著:森本直記, 著:山田一憲, 著:井上英治, 著:寺川眞理, 著:松田一希, 著:郷 もえ, 著:佐藤宏樹, 著:山田 彩, 著:澤田晶子, 著:風張喜子, 著:岩田有史, 著:坂牧はるか, 著:服部裕子, 著:小倉匡俊, 著:酒井朋子, 著:齋藤慈子, 著:山本真也, 著:倉岡康治, 著:林 美里, 著:友永雅己, 著:足立幾磨, 著:早川卓志, 著:松下裕香, 著:東島沙弥佳, 著:西岡佑一郎, 著:西川真理, 著:川添達朗, 著:松本卓也, 著:張 鵬, 著:山梨裕美, 著:山極寿一, 著:不破紅樹, 著:瀧本彩加, 著:齋藤亜矢, 著:兼子峰明, 著:郷 康広, 著:高井正成, 著:浅葉慎介, 著:藤田志歩, 著:杉浦秀樹, 著:中村美知夫, 著:松平一成, 著:松井 淳, 著:鈴木南美, 著:小薮大輔, 著:日暮泰男, 編集:中川尚史, 編集:友永雅己, 編集:山極寿一
¥2,200 (2022/09/13 20:41時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

サル学の最新動向も学べる本です。

チンパンジー―ことばのない彼らが語ること

著:中村 美知夫
¥92 (2022/09/13 20:42時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

新書なのでサクッと読めます。

野生動物の行動観察法: 実践 日本の哺乳類学

著:英治, 井上, 著:正人, 南, 著:尚史, 中川
¥3,520 (2022/09/13 20:43時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

動物学の一分野である、哺乳類学について学べます。

ヒトはどのようにしてつくられたか

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

人とは何か?について、改めて考え直すきっかけとなる本です。

新しい霊長類学―人を深く知るための100問100答

編集:京都大学霊長類研究所, 著:京都大学霊長類研究所
¥1,430 (2022/09/13 20:49時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

Q&A形式で書かれているので、興味のある箇所だけ読むことも可能です。

ブルーバックスなので読みやすいです。

ヒトはどのように進化してきたか

著:ボイド,ロバート, 著:シルク,ジョーン・B., 翻訳:晶子, 松本, 翻訳:亮, 小田
¥14,609 (2022/09/13 20:52時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

かなり詳しく書かれた本です。

霊長類進化の科学

編集:京都大学霊長類研究所, 編集:京大霊長類研究所=
¥2,455 (2022/09/13 20:52時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

中古本しかないのが残念です。

ヒトは食べられて進化した

著:ドナ・ハート, 著:ロバート W.サスマン, 翻訳:伊藤 伸子
¥589 (2022/09/13 20:54時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

題名にある通り、新しい発見がある本です。

火の賜物―ヒトは料理で進化した

著:リチャード・ランガム, 翻訳:依田 卓巳
¥3,949 (2022/09/13 20:56時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

火と料理が人の脳に与えた影響について学べます。

集団―人類社会の進化

編集:河合 香吏
¥5,000 (2022/09/13 20:59時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

人は何故集団を作るのか?について深く学ぶことが出来ます。

内容は高度な本です。

サバンナを駆けるサル―パタスモンキーの生態と社会

京都大学理学部で使用する参考書です。

サバンナで暮らすサルのユニークな生活について学べます。

食べる速さの生態学―サルたちの採食戦略

京都大学理学部で使用する参考書です。

食べる速さが以下に重要な意味を持つのかを学べる本。

ややマニアックな感じがしました。

サルの食卓―採食生態学入門

著:中川 尚史
¥1,105 (2022/09/13 21:04時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

サルがいつどこで何を食べているかを学べる本。

内容は高度です。

日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究

編集:辻 大和, 編集:中川 尚史
¥4,880 (2022/09/13 21:05時点 | Amazon調べ)

京都大学理学部で使用する参考書です。

ニホンザル研究の最前線に触れられる本です。

ワックスマン脳神経解剖学

西村書店
¥4,290 (2022/09/17 15:40時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

神経解剖学では神経系の構造を調べ、医療に役立てます。

この本は神経解剖学の名著です。

イラストレイテッドカラーテキスト 神経解剖学

監修:水野 昇, 監修:野村 嶬, 翻訳:水野 昇, 翻訳:野村 嶬
¥6,380 (2022/09/17 15:43時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

先に紹介した本よりも分かりやすく感じました。

臨床のための脳と神経の解剖学

翻訳:村上 徹, 翻訳:櫻井 武, 翻訳:松崎利行
¥7,480 (2022/09/17 15:44時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

こちらも非常に良い本でした。

アフリカ地域研究と農村開発

著:誠, 掛谷, 著:樹一, 伊谷
¥5,170 (2022/09/13 21:13時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する参考書です。

生態人類学では、自然環境と人間生活の相互作用について学びます。

アフリカにおける農村開発について、フィールドワークに基づいた記録が記されている。

西アフリカ・サヘルの砂漠化に挑む―ごみ活用による緑化と飢餓克服、紛争予防

京都大学の全学共通科目で使用する生態人類学の参考書です。

サヘル地域における砂漠緑化について記されています。

アフリカ農業の諸問題

著:泰雄, 高村, 著:真義, 重田
¥5,890 (2022/09/13 21:17時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する生態人類学の参考書です。

アフリカ農業について学ぶことが出来ます。

争わないための生業実践―生業資源と人びとの関わり

編集:眞義, 重田, 編集:樹一, 伊谷
¥4,180 (2022/09/13 21:18時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する生態人類学の参考書です。

アフリカ農村における生業の変化について学べます。

生態学と社会科学の接点

編集:日本生態学会, 編集:佐竹 暁子, 編集:巌佐 庸
¥3,520 (2022/09/13 21:20時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する生態人類学の参考書です。

人間活動と生態系への影響について学べます。

オセアニアで学ぶ人類学

昭和堂
¥2,530 (2022/09/13 21:21時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する生態人類学の参考書です。

オセアニア地域における生態人類学を学べます。

最後に

人間とは何かについて考えるきっかけになると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました