【定番】簿記三級のおすすめテキストまとめ

経済学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 簿記三級に合格したい
  • 会計学に興味がある

<この記事について>

簿記三級試験対策テキストをまとめました。簿記三級の勉強をすると、会計学の基礎知識が身に着きます。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

資格試験の定番参考書は以下の記事にまとめています。

簿記三級が難しいと感じる方は、簿記初級から始めるのもありです。

簿記三級とは

簿記三級は会計学に関する公的資格です。

簿記三級では商業簿記と呼ばれる、個人商店や企業の販売活動の帳簿記録方法を学べます。

簿記三級の知識は社会人として必須の知識です。

受験資格はないので、意欲があればだれでも受験できます。合格率は40%ほどです。

簿記三級から始めて簿記二級、簿記一級、税理士、公認会計士とステップアップすることも可能です。

簿記三級のおすすめテキストまとめ

スッキリわかる 日商簿記3級

ポップで読みやすいです。

本を読むのが苦手な方や、とりあえず簿記三級だけ受かれば良いという方におすすめです。

これ一冊でテキストと問題集がセットになっています。

みんなが欲しかった! 日商3級

先に紹介した本よりも少しだけ本格的な本です。

テキストと問題集が別冊となっています。

簿記三級に合格するだけでなく、内容をしっかりと理解したい人におすすめです。

合格テキスト 日商簿記3級

先に紹介した参考書よりも更に本格的な本です。

テキストや問題集が分冊で計三冊となっています。

簿記三級の段階から簿記二級合格を見据えた勉強をしたい方におすすめです。

最後に

簿記三級はそれほど難しい試験ではありません。

しかし効率的に学びたい方は外部テキストの利用もアリです。

次は簿記二級にステップアップしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました