【定番】司法書士試験のおすすめ参考書を厳選

法学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 司法書士試験に合格したい
  • 法学に興味がある

<この記事について>

司法書士試験対策テキストを厳選しました。司法書士試験の勉強をすると法学に関する幅広い知識が身に着きます。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

資格試験の定番参考書は以下の記事にまとめています。

法学初心者はまず行政書士を目指すのもありです。

司法書士とは

司法書士は法学に関する国家資格です。

法学の知識を生かして、法務局・裁判所・検察庁などへ提出するための書類を作成します。

法学の専門職である弁護士よりも扱える業務の幅は小さいです。

司法書士試験の受験資格はなく、意欲があればだれでも受験できます。

筆記試験(選択式・記述式)と口述試験で、合格率は5%ほどです。

相対評価が採用されているので、成績上位者が合格する仕組みです。

出題分野は以下の通りです。

  • 憲法
  • 民法
  • 刑法
  • 商法(会社法)
  • 民事訴訟法
  • 民事執行法
  • 民事保全法
  • 司法書士法
  • 供託法
  • 不動産登記法
  • 商業登記法

司法書士試験のおすすめ参考書

司法書士 山本浩司のautoma system

著:山本 浩司
¥2,640 (2022/10/16 11:27時点 | Amazon調べ)
著:山本 浩司
¥3,300 (2022/10/16 11:27時点 | Amazon調べ)

各分野の参考書です。

著:山本 浩司
¥3,080 (2022/10/16 11:28時点 | Amazon調べ)

記述式対策の参考書です。

過去問集です。

要点整理用です。

記述式試験の重点対策です。

最後に

司法書士試験は難関資格なので、外部教材に頼るのもありです。

タイトルとURLをコピーしました