【甲種】危険物取扱者試験のおすすめ参考書【これだけで合格可能!】

仕事

<結論>

甲種危険物取扱者試験はこの参考書だけで合格可能です!

<この記事について>

私は甲種危険物取扱者試験で9割以上の点数を取って合格しました。私が使用した参考書と問題集を紹介します。この記事で紹介した書籍だけで十分に合格可能だと思います。

甲種危険物取扱者試験について

危険物取扱者には丙種、乙種(乙1~乙6)、甲種があります。

甲種は最上位資格になりますが、受験資格として乙1~乙6を全て取得している必要があります。

しかし受験者の経歴によっては、いきなり甲種にチャレンジすることが可能です。

私は大学で化学を専攻していたので、いきなり甲種にチャレンジすることが出来ました。

甲種取得を目指す方は、いきなり甲種にチャレンジできるかどうか確認してみましょう。

甲種危険物取扱者試験のおすすめ参考書

私は以下の参考書をメインに使用していました。

とてもおすすめの参考書です。

問題集も入っているので、これ一冊を仕上げれば合格可能だと思います。

私は念のため、以下の問題集もやりました。

¥2,900 (2022/03/27 20:18時点 | Amazon調べ)

過去問題集です。

解説もしっかりしているので、これ一冊だけでも合格可能だと思います。

知識を蓄えてから問題演習に入りたい方は、先に紹介した「わかりやすい!~」を選び、

問題演習をしながら知識も蓄えたい方は、この問題集を選べば良いです。

あなたの好みで選びましょう。どちらの本でも合格できます。

わたしは両方やりましたが。。

私はこの本もやりました。予想問題集になります。

薄い本なので気軽に取り組めます。おすすめです。

最後に

甲種危険物取扱者試験はこの記事で紹介した参考書を選べばOKです。

個々人の状況に応じて、例えば以下のような選び方ができます。

・9割以上の点数で合格したい方、時間に余裕がある方

→この記事で紹介した3冊をやりましょう

・とりあえず合格したい方、少し時間に余裕がある方

→「わかりやすい!~」「過去問題集」のどちらか1冊+予想問題集

・時間に余裕がない方

→「わかりやすい!~」か「過去問題集」のどちらか1冊

危険物取扱者の資格は難易度の割に色んな所で役立つ資格(コスパ良い!)だと思います。

<参考記事>

私の働く工場でも取得を推奨されています。

ぜひ頑張って取得してくださいね。

この記事を最後までご覧下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました