【定番】社労士試験のおすすめ参考書を厳選

法学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 社会保険労務士国家試験に合格したい
  • 法学(特に労働法など)に興味がある

<この記事について>

社会保険労務士国家試験対策テキストを厳選しました。社労士試験の勉強をすると労働法・健康保険法・国民年金法など、労働者が働くうえで必要になる法律を学べます。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

資格試験の定番参考書は以下の記事にまとめています。

社労士とは

社労士は法学(特に労働法など)に関する国家資格です。

労働者が働くうえで必要になる法律の専門家として、「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に答えます。

社労士試験を受験するには、大学卒業・実務経験・国家資格(司法試験予備試験など)などの条件をどれか一つ満たす必要があります。

選択式試験で、合格率は5%ほどです。

出題分野は以下の通りです。

  • 労働基準法及び労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識
  • 社会保険に関する一般常識
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金法

社労士試験のおすすめ参考書

ユーキャンの社労士

著:ユーキャン社労士試験研究会, 編集:ユーキャン社労士試験研究会
¥2,200 (2022/10/14 20:06時点 | Amazon調べ)

分かりやすい参考書です。

2冊目の参考書として。

問題演習は必須です。

著:ユーキャン社労士試験研究会, 編集:ユーキャン社労士試験研究会
¥2,200 (2022/10/14 20:07時点 | Amazon調べ)

これは必要に応じて。

最後に

社労士試験は難関資格なので、外部教材の利用もアリです。

タイトルとURLをコピーしました