地球物理学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

地球惑星科学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 地球物理学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が地球物理学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。地球物理学では地球で起こる地震・火山噴火などの現象を物理学的に理解します。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

地球惑星科学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

地球物理学のおすすめ教科書/参考書

地球物理学では地球で起こる地震・火山噴火などの現象を物理学的に理解します。

地球物理学を細かく分けると以下の分野があります。

  • 測地学
  • 地震学
  • 火山学
  • 気象学
  • 海洋物理学
  • 地球電磁気学

地球物理学を学ぶにあたり、連続体力学の知識があると良いです。

Physics of the Earth

Cambridge University Press
¥10,103 (2022/09/23 12:43時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する参考書です。

地球物理学について幅広く学べる洋書です。

物理測地学

翻訳:西 修二郎
¥28,977 (2022/09/23 12:45時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する測地学の参考書です。

測地学では衛星を用いた地球上の位置や重力を測定します。

測地・津波

著:藤本 博己, 著:三浦 哲, 著:今村 文彦, 編集:大谷 栄治, 編集:長谷川 昭, 編集:花輪 公雄
¥3,740 (2022/09/23 12:48時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する測地学の参考書です。

測地学の知識を用いてプレート運動に伴う地殻変動や津波を観測します。

地震学

著:宇津 徳治
¥5,720 (2022/09/23 12:50時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する地震学の参考書です。

地震学の名著として知られています。

著:昭, 長谷川, 著:太志, 西村, 著:春夫, 佐藤
¥6,160 (2022/09/23 12:51時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する地震学の参考書です。

地震学についてしっかりと学べる本です。

Introduction to Seismology

Cambridge University Press
¥9,230 (2022/09/23 12:53時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する地震学の参考書です。

地震学の研究者になるなら英語でも学んでおきましょう。

火山学

著:武義, 吉田, 著:太志, 西村, 著:美千彦, 中村
¥5,280 (2022/09/23 12:54時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する火山学の参考書です。

火山学についてしっかりと学べます。

一般気象学

著:小倉 義光
¥3,080 (2022/09/23 13:33時点 | Amazon調べ)

京大工学部で使用する気象学の参考書です。

気象学のバイブル的な本です。

太陽地球系科学

著:地球電磁気・地球惑星圏学会 学校教育ワーキング・グループ, 編集:地球電磁気・地球惑星圏学会 学校教育ワーキング・グループ
¥3,740 (2022/09/23 12:42時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する地球電磁気学の参考書です。

地球電磁気学以外にも色々なことが書かれています。

因みに地球電磁気学を学ぶなら、電磁気学の基礎知識があった方が良いです。

最後に

物理学についても合わせて学んでおきましょう。

タイトルとURLをコピーしました