免疫学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

生物学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 免疫学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が免疫学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。免疫学では生物の免疫機能について学びます。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

生物学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

免疫学のおすすめ教科書/参考書

免疫学では生物の免疫機能について学びます。

免疫生物学

翻訳:笹月 健彦, 翻訳:吉開 泰信
¥9,350 (2022/09/17 14:23時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する参考書です。

免疫学に関する内容が網羅された、世界的にも有名な本です。

大学院レベルの内容も含むので、難易度は高めです。

免疫学 最新イラストレイテッド

編集:重夫, 小安
¥1 (2022/09/17 14:25時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する参考書です。

コンパクトにまとまっているが、内容は高度です。

ある程度免疫学を学んだ方が読む本です。

免疫学―基礎と臨床

著:MacPherson,G.Gordon, 著:Austyn,Jonathan M., 翻訳:カヨ, 稲葉
¥5,390 (2022/09/17 14:26時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する参考書です。

程よい分量で分かりやすくまとまっていると感じました。

エッセンシャル免疫学

翻訳:笹月健彦
¥7,040 (2022/09/17 14:27時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する教科書です。

詳しめの入門書としても使える良い本です。

免疫検査学

著:菅野剛史, 著:松田信義, 著:折笠道昭
¥6,820 (2022/09/17 14:29時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する教科書です。

難易度は高めです。

最後に

免疫について学ぶと、人体の素晴らしさに気づきます。

タイトルとURLをコピーしました