社会医学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

医学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 社会医学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が社会医学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。社会医学では社会環境と健康について学びます。社会医学の分野としては衛生学、公衆衛生、疫学、法医学、犯罪学などがあります。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

医学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

社会医学のおすすめ教科書/参考書

社会医学では社会環境と健康について学びます。

社会医学を細かく分けると、以下の分野があります。

  • 衛生学
  • 公衆衛生
  • 疫学
  • 法医学
  • 犯罪学

NEW予防医学・公衆衛生学

監修:岸 玲子, 編集:小泉 昭夫, 編集:馬場 園明, 編集:今中 雄一, 編集:武林 亨
¥6,930 (2022/09/20 09:08時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する教科書です。

衛生学の全体像を把握することが出来ます。

国民衛生の動向

著:一般財団法人 厚生労働統計協会
¥2,695 (2022/09/20 09:09時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

最新情報を入手できます。

国試対策にも使えます。

衛生行政大要

著:椎葉茂樹
¥6,281 (2022/09/20 09:11時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

保健衛生行政の現状と課題が網羅された本です。

エビデンスをつくる―陥りやすい臨床研究のピットフォール

京都大学の全学共通科目で使用する疫学の参考書です。

クイズ形式で楽しく学ぶことが出来ます。

臨床研究と疫学研究のための国際ルール集

ライフサイエンス出版
¥8,260 (2022/09/20 09:17時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する疫学の参考書です。

疫学の研究者であれば、持っておいても良いかもしれません。

ロスマンの疫学

著:KennethJ. Rothman, 翻訳:栄二, 矢野, 翻訳:英樹, 橋本, 翻訳:和浩, 大脇
¥2,750 (2022/09/20 09:19時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する疫学の参考書です。

疫学を本格的に学び始める際の入門書としておすすめです。

読んでわかる! 疫学入門

著:ロドルフォ・サラッチ, 監修:杉森裕樹, 監修:中山健夫, 監修:小橋元, 翻訳:杉森裕樹, 翻訳:中山健夫, 翻訳:小橋元
¥1,760 (2022/09/20 09:20時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する疫学の参考書です。

疫学を学び始めるきっかけの本としておすすめです。

社会と健康: 健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ

編集:川上 憲人, 編集:橋本 英樹, 編集:近藤 尚己
¥4,180 (2022/09/20 09:22時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する社会疫学の教科書です。

社会疫学の標準教科書として使えます。

健康格差対策の進め方:効果をもたらす5つの視点

著:近藤 尚己
¥2,750 (2022/09/20 09:24時点 | Amazon調べ)

京都大学の全学共通科目で使用する社会疫学の参考書です。

現場視点で書かれているので参考になります。

健康格差 あなたの寿命は社会が決める

京都大学の全学共通科目で使用する社会疫学の参考書です。

読み物として楽しめます。

New法医学・医事法

著:勝又 義直, 著:鈴木 修
¥1,530 (2022/09/20 09:02時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する教科書です。

重要な内容は全て網羅されています。

法医学

監修:福島 弘文, 編集:舟山 眞人, 編集:齋藤 一之
¥6,050 (2022/09/20 09:04時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する教科書です。

先に紹介した本よりも入手しやすいので、こちらの本で良いと思います。

最新 DNA鑑定―その能力と限界―

著:勝又 義直
¥6,600 (2022/09/20 09:05時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

DNA鑑定についてかなり詳しく書かれています。

この分野に興味があるなら一押しの本です。

最後に

医学の視点から社会に目を向けてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました