独自ブログを自作した私が結局WordPressに乗り換えた理由

ブログ

<結論>

ブログ(ホームページ)初心者は何も考えずWordpressを使いましょう。

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 自分でブログ(ホームページ)を自作するかWordpressを使うか迷っている
  • 作りたいブログ(ホームページ)のイメージがあり、独自ブログに興味がある
  • 独自ブログを自作してプログラミングの知識も得ようと意欲的である
  • 将来的にはブログを収益化したい
  • WordPressは難しそうなイメージがある

<この記事について>

プログラミング初心者の私がブログ収益化を目指して独自ブログを自作し、結局Wordpressを使うことになった経緯を紹介します。自分でブログを制作したことで、Wordpressのすばらしさに気づくことが出来ました。独自ブログを自作しようとする意欲的な方は私の経験談を読んでからにして下さい。

↓ブログ運営に関するまとめ記事です(リンク集)↓

私が独自ブログを自作するに至った経緯

私は副業としてブログを収益化し、将来的には会社を辞めようと思っていました。

ブログ初心者の私がネットで調べると、ほぼ99%の方がWordpressを使うことを強く勧めていたので、Wordpressを始めることにしました。

WordPressを始めるまでとても苦労しました。

やっとのことでWordpressを開設しても、使い方が分からずまた苦労しました。

そして以下の事実を知りました。

WordPressでは私の作りたいブログを作ることが出来ない。。

そこで独自ブログの作り方を調べましたが、自分のイメージするブログの作り方が載っているサイトはありませんでした。最終的には以下の書籍に記載されたサンプルブログを参考にして、カスタマイズすることで自分のイメージしたブログを作り上げることが出来ました。

これ一冊あれば、プログラミング初心者の方がブログ(ホームページ)を自作することが出来ます。多くの方が絶賛している通り、非常に良い本だと感じました。またこの本に記載されたサンプルブログが私の作成したいブログのイメージに近かったのもgoodでした。

プログラミングで独自ブログを自作するにはHTMLとCSSの知識が必須です。これらの知識は上記の本で学ぶことが出来たので、サンプルブログをアレンジして独自ブログを作成しました。(サンプルブログの商用利用を許可すると書籍内に記載されていました。ただし写真を張り替えるなどの但し書きがあります。)

カテゴリーごとに写真を設置し、写真をクリックするとそのカテゴリーに飛べるようにしたかったのです。またカテゴリー内では一画面に目次を一覧表示させたかった。更に多言語対応(日英)のブログを制作したかった(多言語対応はWordpressでも出来ると知っていましたが)。

なんとか独自ブログを制作出来ましたが、これを運用するのがとても大変でした。

WordPressへの乗り換えを考えたきっかけ

きっかけはずばり、Google Adsenseの審査に合格できなかったからです。

100記事近く作成した上で10回ほど申請しましたが、結局合格することが出来ませんでした。Google Adsenseの審査は不合格理由を教えてくれません。

記事の内容、お問い合わせフォームの設置、プロフィールの作成など、webで調べた内容は一通り確認しましたが、結局よくわかりませんでした。こんな時に独自ブログを作った欠点が露出します。

独自ブログそのものが悪いのか判断がつかない

プログラミング初心者が独自ブログを自作すると、何か問題が起きた時に自分で解決することが出来ません。多くの方がWordpressを使用しているため、web上の情報はWordpress前提で作られています。

私のブログが悪いのかどうか判断するには専門家の人に見てもらうしかないですが、そこまでしたくないですよね。

独自ブログはHTMLとCSSのプログラミング言語を用いて作成しますが、ただブログを作るだけではだめで、きちんと整理されたコードを書かないとgoogle検索で上位表示されないという記事も見つけました。自分のコードがきちんと書かれているか判断するのは実質的に不可能だと思いました。

結局自作サイトの運用を諦め、おとなしくWordpressに乗り換えることにしました。

独自ブログを自作してから気づいたWordpressの便利な所

独自ブログを自作した私が改めてWordpressを使った所感は以下の通りです。

WordPress使いやすすぎる~~♪

理由は沢山ありすぎて困るのですが、いくつか紹介していきます。

因みにWordpressテーマはcocoonというテーマを選択しました。無料ブログの中では最もお勧めだとネット上の書き込みが多かったので。

リンク→https://wp-cocoon.com/

作成中の記事がweb上でどう見えるか随時確認できる

・独自ブログの場合

独自ブログはメモ帳やテキストエディタなどにHTMLコードを打ち込むことで作成します。これだけだとweb上に表示されたときに文字が羅列しているだけになりますので、CSSという別のファイルで文字の大きさや色を修飾しなければなりません。このように二つのファイルを別々にいじるのがとても大変です。

またメモ帳で作成した記事がweb上でどう見えるかを確認するために、いちいちメモ帳をweb上で開かなくてはなりません。これがとても面倒くさいです。

メモ帳で作成している間はただの無機質な文字の羅列なのでテンションが上がらず、細かい文字なので目が疲れます(一文字でも変な文字が入ると動作しなくなるので精神を張り詰める必要があります)。

・Wordpressの場合

WordPressの記事作成画面で記事内容や文字の修飾を同時に行うことができます。WordやPowerpointで記事を作成する感覚に似ています。web上でどう見えるかを確認しながら書き進められるので非常に効率がいいです。

記事の修飾がしやすい

・独自ブログの場合

記事を書いていると、目次を作ったり、文字を囲ったり、下線を引いたり。。。その他さまざまな修飾をしたくなります。独自ブログはHTMLやCSSなどのコードを扱う必要があるので、やりたい修飾があるたびにコードをネットで調べる必要があります。いちいちネットで調べていると記事を書く気が失せてきます。

・Wordpressの場合

修飾のバリエーションが最初から用意されており、ワンクリックで適用できます(WordやPowerpointと同じですね)。この記事には他サイトのリンクを貼ったり、見出しを作ったり、黄色いマーカーを引いたりしていますが、全てワンクリックで実現できます。これをHTML/CSSコードで実現しようとすると大変です。

特に便利なのが、目次を自動生成してくれるところです。この記事の上に目次がありますが、これは記事の見出しを識別して自動生成されています。目次の項目をクリックすると該当の見出しに飛びますが、これを独自ブログで実現するのは面倒です。例えばaという項目をクリックするとaという見出しに飛ぶ必要がありますが、HTMLコードを手書きしていると良く書き間違いが起こり、思ってもみない所に飛んでしまったりします。

AmazonやYoutubeなどのリンクが張りやすい

・独自ブログの場合

リンクを貼るためにHTMLコードを書く必要があるのはもちろんですが、例えばAmazonのリンクを貼る場合、リンクだけでなく商品画像も表示させたい事があります。そんな時は商品画像を画像ファイルに落として、その画像ファイルを表示するように独自ブログにHTMLコードを打ち込んで。。と手間がかかります。

また画像のファイル名称とHTMLコードに一字でも誤りがあると表示されません。記事を書き終わった後、コードの確認をするのが非常に大変です。そして目が疲れます。

・Wordpressの場合

Amazonのリンクを貼ると、Amazonの商品画像付きリンクを生成してくれます。この記事でも書籍を紹介していますね。この機能は便利すぎて感動しました。Youtubeの埋め込みもYoutubeのリンクを貼るだけで勝手に作ってくれます。独自ブログを自作したからこそ分かることですが、cocoonのテーマを作った人は本当に凄いなと感じました。

記事の公開/非公開がワンクリック

・独自ブログの場合

記事を非公開にするには一度サーバーにアップロードした記事を削除するか、アップロードした記事のコードを変更して非公開にした後、再度アップロードしなおす必要があり大変です。

WordPressの場合

記事ごとに非公開と書かれたボタンをクリックするだけで非公開にできます。

Google Analysisが扱いやすい

独自ブログの場合

ブログを書いていると、自分の投稿した記事の閲覧回数を知るためにGoogle Analysisというサービスを利用することになります。独自ブログの場合、自分の作成した記事のHTMLファイルごとにGoogle Analysisのコードを打ち込む必要があります。

Google Analysis以外にもGoogle Adsenseなどその他のサービスを利用するためにそれぞれのコードを一記事ごとにコードを打たなくてはなりません。自分の記事が増えれば増えるほど、後から修正するのが面倒くさくなります。

WordPressの場合

WordPressの設定画面でGoogle Analysisのコードを打ち込むだけで、全ての記事に対してGoogle Analysisが適用できます。設定画面で一元管理できるのが非常に便利です。

注意:HTML/CSS以外にもphpなどのプログラミング言語を学べば、独自ブログでも一元管理できると思いますが、私はphpまで学習する意欲がありませんでした(一度挑戦しましたが分かりやすいサイトがなくて挫折しました)。

その他

その他挙げだしたらキリがないので止めておきますが、独自ブログの場合お問い合わせフォームの設置やtwitterの埋め込みなど、あらゆる部分をコード入力しなければならず、いちいちコードをネットで調べる必要があります。ネット上で見つからない時は海外のサイトを参考にしたこともありました。

正直の所、記事の内容よりもコードを調べている時間の方が長く、徐々にブログを書く気がなくなっていきました。

今回Wordpressを始めたことで、ブログを書く気力が再燃しました。この便利な環境でブログを書けることにただただ感謝です。

どうしても独自ブログを自作したい方へ

それほどの意欲があるのであれば一度チャレンジしてみてください。

プログラミングの知識が付くことは間違いないです。

その後Wordpressを使うことになっても、その有難さが分かるようになると思います。

タイトルとURLをコピーしました