神経科学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用したもの】

生物学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 神経科学のおすすめ教科書を知りたい

<この記事について>

1000冊以上の専門書を読んだ私が神経科学を学ぶために使用したおすすめの教科書を紹介します。神経科学では神経系について学びます。心理学、コンピューター科学、医学などとも関係が深い内容です。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

生物学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

神経科学のおすすめ教科書/参考書

神経科学では神経系について学びます。

心理学、コンピューター科学、医学などとも関係が深い内容です。

神経科学を細かく分けると以下の学問分野があります。

  • 計算論的神経科学
  • 神経化学
  • 神経工学
  • 神経内分泌学
  • 認知神経科学
  • 脳科学

カンデル神経科学

監修:宮下保司, 編集:Eric R. Kandel・John D. Koester・Sarah H. Mack・Steven A. Siegelbaum, 翻訳:岡野栄之, 翻訳:神谷之康, 翻訳:合田裕紀子, 翻訳:加藤総夫, 翻訳:藤田一郎, 翻訳:伊佐 正, 翻訳:定藤規弘, 翻訳:大隅典子, 翻訳:井ノ口馨, 翻訳:笠井清登
¥15,950 (2022/09/17 15:38時点 | Amazon調べ)

京大医学部で使用する参考書です。

神経科学について網羅された世界標準の教科書です。

脳の計算理論

著:川人 光男
¥2,340 (2022/09/17 15:47時点 | Amazon調べ)

京大大学院(情報)で使用する計算論的神経科学の参考書です。

情報科学の観点から神経科学を眺めます。

脳の計算論(シリーズ脳科学 1)

監修:甘利 俊一, 編集:深井 朋樹, 監修:甘利 俊一
¥3,960 (2022/09/17 15:48時点 | Amazon調べ)

京大大学院(情報)で使用する計算論的神経科学の参考書です。

この分野に興味があるなら、他のシリーズも合わせて学ぶことをおすすめします。

編集:敬介, 外山, 編集:昇, 杉江
¥3,740 (2022/09/17 15:50時点 | Amazon調べ)

京大大学院(情報)で使用する計算論的神経科学の参考書です。

個人的には先に紹介した本の方がおすすめです。

脳の計算機構―ボトムアップ・トップダウンのダイナミクス

編集:賢治, 銅谷, 編集:豊, 阪口, 編集:裕章, 五味, 編集:光男, 川人
¥4,950 (2022/09/17 15:52時点 | Amazon調べ)

京大大学院(情報)で使用する計算論的神経科学の参考書です。

二冊目以降の本としておすすめです。

もっとよくわかる! 脳神経科学

私が個人的に読んだ本です。

神経科学に興味を持つきっかけとしておすすめです。

最後に

心理学が好きな私にとっては、神経科学も楽しく学べました。

タイトルとURLをコピーしました