固体化学のおすすめ教科書/参考書【京都大学で使用するもの】

化学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 固体化学のおすすめ教科書を知りたい
  • 京都大学で使用する教科書を知りたい

<この記事について>

京都大学工学部工業化学科卒で現在は固体化学を専門とする私が固体化学の教科書を紹介します。固体化学は無機化学の教科書にも一部記載されていますが、専門書を読んだ方が理解しやすいですし、より深い知識が得られます。

くんたらす
くんたらす
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

化学のおすすめ教科書は以下の記事にまとめています。

この記事では教科書/参考書という言葉を使い分けています。

  • 教科書・・・講義で使用するもの
  • 参考書・・・講義で使用しないが、学生の理解を助けるもの

固体化学のおすすめ教科書/参考書

固体化学は固体物理学と関係が深いです。

なので固体物理学の知識があるとより深い学びが得られます。

固体化学は様々な工学分野とかかわりが深いですし、社会に出てからも役立つ知識です。

量子化学は物理化学の教科書にも記載されているので、読んでおくと良いです。

しかし固体化学の専門書を読んだ方が理解しやすいですし、深い知識が得られます。

ウエスト固体化学 基礎と応用 (☆おすすめ☆)

(↓英語版)

京都大学工学部工業化学科(先端化学コース)で使用する教科書になります。

無機化学の中でも固体化学に絞って詳しく記載されています。

先端科学コースでは英語版が教科書に指定されているのですが、日本語版もあるので日本語版で良いと思います。ただし日本語版は英語版に比べて内容が省略されている所があるので注意してください。

将来固体化学を専門にしたい場合は英語の勉強も兼ねて英語版を購入するのもありだと思います。

私は日本語版と英語版を両方買って読み比べていました。英語の勉強になりますよ。

固体化学(田中勝久著)(☆おすすめ☆)

¥3,850 (2022/03/25 05:04時点 | Amazon調べ)

工学部の参考書になります。

日本人が書いた本なので非常に読みやすいです。

ウエスト固体化学よりも薄い教科書なので読みやすいです。

個人的にはウエスト固体化学よりも分かりやすくておすすめです。

まずはこの本を読み、将来固体化学を専門にする場合はウエスト固体化学も読むのはどうでしょうか

こちらの参考書でも京大院試には対応できると思います。

入門 固体化学

著:スマート,レスリー, 著:ムーア,エレイン, 原名:Smart,Lesley, 原名:Moore,Elaine, 翻訳:邦仁, 河本, 翻訳:一之, 平尾
¥4,620 (2023/02/16 19:19時点 | Amazon調べ)

京大工学部で使用する参考書です。

少し古い本ですが、読みやすく書かれています。

無機固体化学 構造論・物性論

¥4,180 (2022/03/25 05:04時点 | Amazon調べ)

京大理学部の教科書に指定されています。

固体化学の構造論について特に詳しいです。

逆に物性論については、物性物理学の教科書を読んだ方が良いです。

無機ファイン材料の化学

著:皓二, 小菅, 著:真一, 平野, 著:典彦, 中西, 著:直弘, 曽我, 著:文一, 金丸, 著:尚周, 坂東
¥4,510 (2023/02/14 07:39時点 | Amazon調べ)

京大理学部で使用する参考書です。

固体化学の本ですが、固体物理の内容も入っており、材料科学について幅広く学べます。

Physical Ceramics

Wiley
¥29,194 (2023/02/14 07:47時点 | Amazon調べ)

京大総合人間学部で使用する教科書です。

重要な無機材料であるセラミックスを軸として固体化学を学べる名著です。

セラミックス材料は社会に出てからも関わる可能性があります。

固体の電子構造と化学(☆おすすめ☆)

¥4,400 (2022/03/25 05:04時点 | Amazon調べ)

理学部の参考書になっています。

無機化学の中でも固体化学に絞って記載されています。

非常に良い本です。将来固体化学を専門にする学生は必ず読みましょう

固体化学の本質に触れることが出来ます。この本の代りになる本を私は知りません。

化学・薬学のためのX線解析入門

著:平山 令明
¥4,722 (2023/02/14 07:56時点 | Amazon調べ)

京大工学部で使用する参考書です。

固体化学の実験において必須であるX線解析について学べます。

分析化学については、以下の記事も参照ください。

最後に

固体化学を専門にする場合は、以下の分野も深く学んでください。

〇物理化学

〇分析化学

化学を学ぶ上で避けて通れない科目です。

〇物性物理学・固体物理学

化学系の学生にはハードル高いですが、とても重要な内容が詰まっています。

因みに私は無機化学&固体物理学の研究者として働いています。

固体物理学はとても面白いので、ぜひ勉強してください。

〇群論

群論は数学の一分野で、対称性について深く学ぶことが出来ます。

無機化学・物理化学・固体物理学などを専門とする方はぜひ学んでください。

〇触媒化学

触媒化学は無機化学の知識を基礎としています。

無機化学の教科書にも一部記載がありますが、発展的な内容を学ぶなら専門書を読みましょう。

また京大院試を受ける際は、この記事で紹介した教科書を読んでおくことを強くお勧めします。

大学院入試は学部での講義を元に作成されるからです。

この記事を最後までご覧下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました