連続体力学/流体力学のおすすめ教科書

物理学

<こんな方の悩みを解決する記事です>

  • 連続体力学/流体力学のおすすめ教科書を探している

<この記事について>

京大工学部卒で現在は固体物理学を専門とする私が連続体力学/流体力学を学ぶために使用した教科書を紹介します。この分野は工学的にも役立つ内容であり、将来技術者を目指す方には学んでおいてほしい内容になります。

くんたらす
くんたらす[icon icon-twitter]
  • 独学で京大に現役合格
  • 京大院卒の研究者
  • 専門書1000冊読破
  • 国家資格を多数取得

物理学を学ぶためには数学の知識が必要不可欠です。

数学力に自信のない方は、以下の記事も参考にして下さい。

連続体力学/流体力学のおすすめ教科書

比較的独立性が高い内容で、他の物理学分野との関連性も小さいです。

なのでいつ学んでもOKです。力学と一緒に学ぶ場合もあります。

連続体力学/流体力学は、以下のような科目を含んだ総称です。

  • 材料力学
  • 弾性力学
  • 構造力学
  • 土質力学
  • 水力学
  • 空気力学

連続体力学/流体力学の知識は工学的に重要です。実務で役立ちます。

具体的には以下のような工学分野に関わってきます。

  • 材料工学
  • 機械工学
  • 化学工学
  • 航空宇宙工学

様々な工学書に記載されており、学術書で理解できない場合は工学書を読んでみるのもありです。

連続体の力学

¥3,190 (2022/03/25 04:25時点 | Amazon調べ)

連続体力学の全体像をざっくりと把握できる良書。

薄い本なのもGoodです。

材料力学の基礎

著:俊忍, 柴田, 著:謙治郎, 駒井, 著:隆一, 大谷, 著:達雄, 井上
¥3,190 (2022/09/02 18:55時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する教科書です。

材料力学では、機械、構造物、固体材料などに力が加わったときの変形や破壊について学びます。

工学系の学生にとっては基礎科目なので、必ず学習しておきましょう。

現代材料力学

著:平 修二
¥3,190 (2022/09/02 18:59時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

先に紹介した本が合わなければ、こちらを試してみるのもありです。

材料力学入門

著:貴之, 日下
¥2,695 (2022/09/02 19:02時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

非常に優しく書かれているので、先に紹介した2冊が合わなければこちらを試してみると良いです。

やさしく学べる材料力学

著:伊藤 勝悦
¥2,860 (2022/09/03 20:55時点 | Amazon調べ)

材料力学の入門書です。

ここまで紹介した材料力学の本が理解できなければ、この本で理解しましょう。

弾性力学の基礎

著:井上達雄(材料力学)
¥3,300 (2022/09/02 19:08時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

弾性力学は材料力学をより深めた内容となっています。

材料力学をしっかり学んだ後に取り組みましょう。

弾性力学

著:繁夫, 小林, 著:恭平, 近藤
¥4,730 (2022/09/02 19:10時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

先に紹介した本よりも詳しく書かれていると感じました。

弾性力学をしっかりと学びたいのであればおすすめです。

弾塑性力学の基礎と応用―数値シミューションへの導入

著:冨田 佳宏
¥2,310 (2022/09/02 19:15時点 | Amazon調べ)

京都大学大学院で使用する参考書です。

弾性力学の課題を数値シュミレーション(有限要素法)を用いて解析します。

弾性力学をより深く学べる本です。

非線形有限要素法-弾塑性解析の理論と実践

翻訳:寺田 賢二郎
¥16,500 (2022/09/02 19:18時点 | Amazon調べ)

京都大学大学院で使用する参考書です。

有限要素法について深く学べる本です。

かなり詳しいので専門家向けかも。

マトリックス有限要素法

著:O.C.ツィエンキーヴィッツ, 著:R.L.テイラー, 翻訳:矢川 元基
¥39,600 (2022/09/02 19:19時点 | Amazon調べ)

京都大学大学院で使用する参考書です。

値段が高すぎるので読んだことないです。

破壊力学

著:善一, 中井, 著:司郎, 久保
¥3,740 (2022/09/02 19:21時点 | Amazon調べ)

京都大学大学院で使用する参考書です。

材料力学や弾性力学を学んでから挑戦すると良いです。

楽しく学ぶ 破壊力学

朝倉書店
¥2,530 (2022/09/03 20:53時点 | Amazon調べ)

破壊力学の入門書です。

先に紹介した本が難しければ、こちらをおすすめします。

やさしい構造力学

著:浅野 清昭
¥2,970 (2022/09/03 20:39時点 | Amazon調べ)

構造力学の内容は材料力学と似ています。

材料力学では主に単一材料を扱うのに対して、構造力学では建築物などの複雑な系を扱います。

この本は構造力学の全体像を簡単に把握するのにおすすめです。

建築構造力学図説・演習

著:泰二郎, 野中, 著:宏一, 南, 著:恒善, 中村, 著:好富, 須賀, 著:道生, 柴田
¥3,850 (2022/09/03 20:33時点 | Amazon調べ)
著:修三, 石田, 著:裕之, 松永, 著:恒善, 中村, 著:好富, 須賀, 著:興史郎, 永井
¥3,850 (2022/09/03 20:34時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部(建築学科)で使用する教科書です。

本格的な内容で難易度は高めです。

例題で学ぶ建築構造力学

著:純, 大崎, 著:俊雄, 本間
¥3,080 (2022/09/03 20:36時点 | Amazon調べ)
著:純, 大崎, 著:俊雄, 本間
¥3,520 (2022/09/03 20:37時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部(建築学科)で使用する参考書です。

先に紹介した本が合わなければ、こちらを試してみるのもアリです。

図説 わかる土質力学

学芸出版社
¥3,300 (2022/09/03 20:45時点 | Amazon調べ)

土質力学は連続体の中でも土や地盤の力学を扱います。

土質力学は地盤工学と言ったりもします。

この本は土質力学の全体像を簡単に把握するのにおすすめです。

トコトンやさしい地盤工学の本

日刊工業新聞社
¥1,650 (2022/09/03 20:51時点 | Amazon調べ)

地盤工学の入門書です。

土質力学の本と内容は似ていますが、読みやすい本なので目を通しておくと良いでしょう。

地盤工学

著:桑原 文夫, 監修:道勝, 平野, Unknown:汎邦, 谷口
¥2,640 (2022/09/03 20:48時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

先に紹介した本よりも本格的な内容を扱います。

建築学構造シリーズ 建築基礎構造

編集:冨永 晃司
¥3,850 (2022/09/03 20:49時点 | Amazon調べ)

京都大学工学部で使用する参考書です。

先に紹介した本が合わなければ、こちらを試してみるのもアリです。

流体力学

¥2,420 (2022/03/25 04:25時点 | Amazon調べ)

私が個人的に読んだ流体力学の本です。

非常に読みやすかったです。

¥8,690 (2022/03/25 04:26時点 | Amazon調べ)

京大工学部(工業化学科)で使用する流体力学の教科書です。

流体力学に関する内容を網羅しています。

基礎流体力学

著:八田 夏夫
¥6,272 (2022/09/03 21:01時点 | Amazon調べ)

京大工学部(地球工学科)で使用する参考書です。

先に紹介した本と同様に、内容がしっかりとした本です。

エネルギー管理士という資格試験のテキストになります。

学術書というよりは工学書と言えます。

少し趣が異なりますが、分かりやすくてお勧めです。

先に紹介した流体力学の教科書が理解できなければこの本で補ってください。

水力学

森北出版
¥2,860 (2022/09/03 21:27時点 | Amazon調べ)

私が個人的に読んだ本です。

水力学は流体力学の一分野で、水の流れを扱います。

この本は水力学の全体像を簡単に把握するのにおすすめです。

土木の基礎固め 水理学

講談社サイエンティフィク
¥3,080 (2022/09/03 21:29時点 | Amazon調べ)

私が個人的に読んだ本です。

水理学と水力学は同じ内容ですが、この本も分かりやすくておすすめです。

流れの方程式

著:後藤仁志
¥9,900 (2022/09/03 21:03時点 | Amazon調べ)

京大工学部で使用する教科書です。

非常に詳しく書かれているので、2冊目の本としておすすめです。

空気力学入門

著:李家 賢一, 著:新井 隆景, 著:浅井 圭介, 編集:一般社団法人 日本航空宇宙学会
¥3,190 (2022/09/03 21:32時点 | Amazon調べ)

私が個人的に読んだ本です。

空気力学は流体力学の一分野で、空気の流れについて学びます。

航空宇宙工学に応用される科目です。

この本は空気力学の全体像を把握するのにおすすめです。

気体力学

著:ハンス・ヴォルフガング・リープマン, 著:A.ロシュコ
¥1,830 (2022/09/03 21:34時点 | Amazon調べ)

京大工学部で使用する空気力学の教科書です。

難易度はやや高めです。

最後に

連続体力学/流体力学のおすすめ教科書を紹介しました。

工学系の学生であれば必須科目で、就職してからも役立つ知識です。

この記事を最後までご覧下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました